文字サイズ

【スポーツ】“みまひな”の相乗効果 早田の優勝に生きた伊藤とのダブルス

 全日本卓球選手権が19日に閉幕した。女子シングルスでは、初の決勝に挑んだ早田ひな(19)=日本生命=が、石川佳純(26)=全農=を4-1で下して、初優勝を飾った。伊藤美誠(19)=スターツ=との女子ダブルスと2冠を達成。3連覇がかかる伊藤を準決勝で、4年ぶりの優勝を目指した石川を決勝で破った。東京五輪代表から外れた悔しさをぶつけ、代表2人を制する堂々の優勝だった。

 元日本代表監督の高島規郎氏(近大名誉教授)は、今大会での早田の活躍の一因に、ダブルスを組んだ伊藤との相乗効果を挙げる。身長167センチという体格を生かし、元来は中陣より後ろで戦うスタイル。力強いドライブが武器のサウスポーは、今大会では特にチキータなど台上での攻撃も多彩に見せた。

 これに高島氏は「伊藤選手とダブルスを組むことで伊藤選手の速い卓球の影響で、中陣より前で対応できるようになった」と分析する。ダブルスの練習を伊藤とこなしたことで、持ち前のパワーを生かし「前陣のプレーも、中陣からも盛り返せる」と幅広い潜在能力を発揮し始めているという。

 優勝インタビューで早田は「伊藤選手は普段から一緒にいる仲間ではあるけど、試合の時はライバル。美誠の存在があってここまで来られた」と盟友に感謝した。そして、「負けて成長すると思うので、伊藤選手はもっともっと強くなる」と気持ちを引き締めた。

 一方の伊藤は、26日にドイツ・オープンに出発時、早田の全日本優勝について「負けたのは悔しかったけど、刺激になったし、うれしさもあった。一番一緒に練習した選手なので」と振り返った。「私に勝って優勝してくれたことがうれしかった。私も頑張って練習したい」と言い切る姿が、さらなる相乗効果を予感させた。(デイリースポーツ・船曳陽子)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス