文字サイズ

【競馬】歴史的瞬間を見逃すな!マスターフェンサーが米三冠最終戦に挑戦

 現地時間5月4日に行われた米三冠レースの第1弾ケンタッキーダービー。1位入線したマキシマムセキュリティが4コーナーで他馬の走行を妨害し、17着に降着。14番人気のカントリーハウスが繰り上がって優勝し、大波乱の結果となった。

 日本から参戦したマスターフェンサー(牡3歳、栗東・角田晃一厩舎)は6着。日本調教馬の出走は1995年のスキーキャプテン(14着)、2016年のラニ(9着)に続く3頭目。日本のレースを対象にした出走馬選定ポイントシリーズ「JAPAN ROAD TO KENTUCKYDERBY」で出走権を獲得した馬としては初の挑戦。また、スキーキャプテンとラニが米国産のマル外馬だったことから、日本産馬として初めての参戦となった。

 「タイトな日程だったからね。よく頑張ったよ」。角田師が納得の表情で話す。4月23日に日本を出発し、アーリントンパーク競馬場の検疫を終えたあと、調整するキーンランド競馬場に到着。さらに、同29日にはケンタッキーダービーが行われるチャーチルダウンズ競馬場へ移動と、目まぐるしい環境の変化にも対応した。「最初は輸送でナーバスになっていた。そこからの回復に感心する。走れる状態にまで戻ったんだから」。3歳馬とは思えない精神力に驚きを隠せなかった。

 まるで田んぼのようだった。前有利の泥んこ馬場のなか、出遅れたマスターフェンサーは最後方を追走。直線はインから末脚を伸ばして前を猛追した。誰もが健闘と思える6着だ。「欲を言えば、最初から内を突いていればさらに上位があったかな」と角田師が残念がる。勝負どころで外を選択しようとするシーンがあり、終始内を通っていれば…と思うのもうなずける。日本とは違い、賞金が出るのは5着まで。果敢な挑戦を決断したオーナーの思いに報いたかった。そんな悔しさが、師の言葉から伝わる。

 それでも、次に向けて希望の持てる内容だった。「道悪の2000メートルではついていけなかった。マイル(ヒヤシンスS)の時はもっとひどかったからね。レース後、ジョッキーがすぐに“ベルモントS”って。距離を短くする必要もないし、距離が持つのは分かっているから」。2冠目のプリークネスS(5月18日・ピムリコ、ダート1900メートル)をスキップして、最終戦のベルモントS(6月8日・ベルモントパーク、ダート2400メートル)を選択。レース間隔や条件を思えば、当然と言える判断だ。

 地元アメリカ勢にとっては、ケンタッキーダービーこそ最大の目標。米三冠を構成するプリークネスS、ベルモントSが総賞金150万ドルであるのに対し、ケンタッキーダービーのそれは倍の300万ドルだ。また、皐月賞、ダービー、菊花賞と十分な間隔で行われる日本の三冠レースとは違い、米三冠レースは中1週、中2週の間隔で開催され、最高の状態で全てに出走することなど困難。かなりタフな戦いを強いられるため、レースごとに頭数が減ることもしばしばだ。

 勝つチャンスはある。「上がりはいつも最速。今回も最速だったからね」と角田師。確かに国内のダート4戦で記録した上がり3Fは全てメンバー最速(ヒヤシンスSは最速タイ)。海外でもその決め手が通用することは前走が証明している。「キックバック、ゲートボーイ、誘導のポニー、馬込みを割ってきたこと。いろんな経験が次に生きる」と胸を張る。

 愛馬の成長ぶりも頼もしい。「日本にいた時はあんなにずぶとくなかった。短期間で随分と大人になったと思う。前日に行われたケンタッキーオークスの時は、すごく周りがうるさかったのに、馬房で寝てたぐらいだから」と笑う。初物ずくめだった前走から、相当な上積みが見込めるのだから、楽しみしかない。「前走後もいい状態。さらに調子を上げていきたい」と意気込む。

 現地時間18日に行われたプリークネスSを制したのはウォーオブウィル。ケンタッキーダービーではマスターフェンサーに次ぐ7着だった馬だ。また、ケンタッキーダービーで1位入線しながら17着降着となったマキシマムセキュリティは、ベルモントSには参戦しない意向を示している。そして、2位入線から繰り上がりのケンタッキーダービー馬となったカントリーハウスは、感冒でプリークネスSを回避。たとえベルモントSに参戦してきても、順調さを欠いた不安は否めない。

 米三冠最終戦は大混戦。「勝ち馬が絶対に1頭いるんだから。日本から来たからなんて言い訳にならない」と指揮官。今から胸がワクワクする。決戦は6月8日(現地時間)。歴史的瞬間を見逃してはならない。

(デイリースポーツ・井上達也)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス