文字サイズ

【野球】輝き放つ広島の新戦力たち ドラ3・林晃汰は将来の4番候補

 広島・林晃汰内野手
1枚拡大

 3月7日にマツダスタジアムで恒例の社会人選抜「オール広島」との練習試合が行われた。スタメンにはドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園=、同6位・正随優弥外野手(22)=亜大=、同3位・林晃汰内野手(18)=智弁和歌山=が名前を連ね、同7位・羽月隆太郎内野手(18)=神村学園=は途中出場。同2位・島内颯太郎投手(22)=九州共立大=もピンチの場面で登板した。

 最初に輝きを放ったのは林だ。二回、1死から142キロの直球をはじき返し、左翼線への二塁打とした。「強い打球を打てたのは良かった。これから自信になると思います」。身長188センチ、体重90キロ。一塁守備では失策もあったが、力強いスイングは、スケールの大きさを感じさせた。

 六回の守備から出場した羽月は直後に飛んできたゴロをはじいて失策。「プレッシャーに負けて思い通りに足が動かなかった」。試合後は悔しそうに唇をかんだが、八回の打席では際どい球をファウルにして四球をもぎ取るなど、持ち味の粘り腰を発揮した。

 1軍で奮闘を続ける正随こそ4打数無安打に終わったが、小園と島内はきっちりと仕事した。小園は3打席目に二塁手のグラブをはじく内野安打。直後に二盗を決めた。八回1死満塁のピンチに登場した島内はキレのある直球で3球三振。見事な火消しで開幕1軍へ大きくアピールした。

 試合後、水本2軍監督は林と羽月について「いいところも悪いところもあった。いい経験をさせてもらった。マツダスタジアムで緒方監督の前ではああいうことが起こる。林はバットも折ったけど、いい当たりも打った。羽月は2ストライクからファウルで粘って、四球を取った」と満足そうに振り返った。

 今季、1軍はリーグ4連覇に挑む。2軍は1軍に足りない戦力を補いつつ、若手育成に取り組む。将来の4番候補の林はクリーンアップとして起用する方針だ。“1軍”を経験した個性派ぞろいのルーキーは近い将来、マツダスタジアムで大暴れしてくれるはずだ。(杉原史恭)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス