文字サイズ

【野球】「見逃し三振はオッケー」“ノムラの考え”が垣間見える阪神・矢野監督

 ソフトバンクとのオープン戦に福岡へ向かう阪神・矢野監督
1枚拡大

 宜野座で見た阪神・矢野燿大監督の表情は、すごく穏やかだった。

 「(阪神の)監督辞められてから、あいさつができてなかったので。自分の野球観を変えてくれた人。ずっと引っかかってたんです」

 昨秋、近本を1位指名したドラフト直後、野村克也元監督のもとを訪問し、野球談議に花を咲かせたという。

 99年オフ、私もハワイまで取材に行ったことがあるが、話は延々と続き、午後からのゴルフの予約をキャンセルした覚えがある。おそらく矢野監督も、そんなありがたい長時間トークを経験したことだろう。

 「鳴尾浜での最初のミーティングで、見逃し三振はオッケーと言われた。それまでの人生で、見逃し三振では怒られたことしかなかったから」

 打者の理想は直球を待っていながら、変化球にも対応できること。だが、それを高い確率でこなせる打者は、ほんの一握りの天才。「凡人」が「天才」を追い抜くには、配球を読み、時には見逃し三振覚悟でヤマを張る。それぐらいしなければ「凡人」で終わってしまうという“ノムラの考え”が、選手矢野には新鮮だったようだ。

 「2割そこそこの打者が、3割を打てるようになったし」

 昨年の2軍監督時代の談話を聞いていると、いろんなところで“ノムラの考え”が垣間見えると感じていた。

 さて、どんな野球をするのだろうか。穏やかな表情が、どう変わるのかにも興味がある。矢野阪神、徹底的に追いかけます。(デイリースポーツ編集長・玉森正人)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス