文字サイズ

【競馬】馬場状態から浮上する馬は…

 土曜の東京競馬場の芝コースは朝から良馬場。芝は5レースが行われ、勝ち馬の最終コーナーの位置取りは13・7・1・6・7番手だった。Bコースは2週目になるが、イン有利というわけではなく、外差しも決まっていた。メインのメイS(オープン、芝1800メートル)は1分45秒8と水準級の決着。V時計は例年通り、2分25秒台になりそうだ。

 注目点は5レース中3頭の勝ち馬が最速上がりを記録したこと。先週は土日11レースで4頭だったから、より切れ味が生きる馬場にシフトしている印象だ。これは先週が月曜日に芝刈りを実施したのに対し、今週は水曜日だったことが影響しているのではないか。

 この観点からデビュー以来4戦連続で最速上がりを記録しているチェッキーノをピックアップする。前走のフローラSは不利と言われる東京芝2000メートルを克服しただけではなく、余力を残してのゴールだった。上がりタイムはまだまだ詰められる。

 1番人気のシンハライトは3戦連続で上がり33秒台の末脚を繰り出しているが、最速上がりはのちの桜花賞馬ジュエラーを差し切ったチューリップ賞の1戦のみ。それだけで十分と言えば十分なのだが、内枠でマークもきつくなりそうなので、取りこぼしもありそうだ。

 ヒモでおもしろいのが、フローラSでチェッキーノと同じ上がりタイムだったビッシュ。桜花賞で最速上がりのアドマイヤリードも怖い一頭だ。(デイリースポーツ・馬場解析班)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス