文字サイズ

球児後押し「紅」にYOSHIKI感慨

 12月から20年ぶりとなる日本ツアーを開催するX JAPAN。代表曲「紅」が今年も夏の甲子園で、高校球児の応援歌としてブラスバンド演奏されていたのを、耳にした人も多いだろう。海外に活躍の場を広げ、熱狂的なファンで知られる一方、新作CDを長らくリリースしていないこともあり、高校野球で使われながらも、ティーン世代にはなじみの薄いアーティストかもしれない。

 サングラスと黒を基調としたファッションがトレードマークで、一見、威圧感もあるリーダーのYOSHIKI。激しいロックチューンからはギャップを感じてもらえそうな、“意外な素顔”をいくつか紹介したい。

 【1】おちゃめ

 X JAPANといえば“遅刻常習犯”としてファンには知られている。ライブやイベントなどでは、開演時間の遅延が定番だ。だが、8月中旬に日本ツアーの発表会見を都内で開いたが、珍しく定時スタートだった。報道陣から「丸くなった?」と突っこまれたYOSHIKIは、「僕らはイメージが悪いから、普通にしているとよく見られるよ」とニヤリ。

 昨年11月、ハローキティ40周年記念パレードに、キャラクター「Yoshikitty」でキティちゃんとコラボした縁もあって参加したときのことだ。YOSHIKIは年齢非公表。だが、誕生日は11月20日と公表しており、来場ファンからバースデーソングで祝福された。年齢の話題にもなったが、「僕はキティよりちょっと年上ですけど、年齢はXです」とオトボケでかわしていた。

 【2】高校野球好き

 2008年春のセンバツに、母校の安房高校(千葉)が春夏通じて初出場を果たした。スタンド観戦を熱望したが、警備上の事情から大会本部が難色を示したため自粛。ナマの声援を届けることはできなかったが、代わりに多額の寄付で後輩に力添えした。

 「ここで勝たないと次がない、というのが魅力的」と高校野球を捉える。冒頭でも取り上げたが1989年にリリースした「紅」は、四半世紀以上たった今でも高校球児の青春を彩るように、甲子園のアルプススタンドで鳴り響く。山本リンダ「狙いうち」やアニメソング「タッチ」と並んで、高校野球の応援には欠かせない1曲だ。

 なぜ「紅」が球児の応援歌なのか-。夏の甲子園の深紅の優勝旗にちなんでいる、というのが有力説になっている。「本当にうれしいですよ。地元なら分かるけど、(全国で)応援歌になっているのにはビックリしてます。ちょっと悲しくても、前向きな力を与えたいと思って作った曲なので、とても光栄」。アンジャッシュ・渡部、アンタッチャブル・山崎ら『高校野球大好き芸人』と共演する日も、遠くはないかも!?

 【3】後輩に興味津々

 独自路線を進むバンドに見えるが、YOSHIKIは後輩アーティストやアイドルにも関心を抱く。先月末に放送された音楽バラエティーで、関ジャニ∞とセッション。自身と同じくドラムを担当する大倉忠義について、「スティックさばきがうまかった。いい音を出してましたよ」とドラマーとしての技術を認める。

 握手会が代名詞のAKB48も、「(CD売り上げが)チャートに反映されるのは考える部分もありますが、エンターテインメントの世界なので、握手できるのはファンにとっていいこと」とミュージシャンの矜恃をのぞかせつつ評価。長年、けんしょう炎に悩まされているが、「僕も手が痛くなくなったら、握手しようかな」とおどける。

 「BABYMETAL、きゃりー(ぱみゅぱみゅ)さん、Perfume、ワンオク(ONE OK ROCK)…もちろん、GLAYやLUNA SEAもそうですけど、海外にいても、20年前より日本のアーティストの名前が聞こえてくるのはうれしいです」

 来年3月11日に20年ぶりの新アルバムを発売し、翌12日には英・ウェンブリーアリーナでコンサートを開催するX JAPAN。海外進出を果たした“先輩”として、『日本』の冠にふさわしいパフォーマンスを期待したい。(デイリースポーツ・丸尾匠)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス