文字サイズ

フクヒロ・福島、けがの広田に「痛かったと思うけどよく頑張ってくれた」 広田は涙

女子ダブルス準々決勝 中国ペアにポイントを奪われた福島由紀(左)、広田彩花組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
中国ペア(手前)に敗れた福島由紀(下)、広田彩花組
準々決勝で中国ペアと対戦する福島由紀(左)、広田彩花組
3枚

 「東京五輪・バドミントン女子ダブルス・準々決勝」(29日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 ダブルス世界ランキング1位の福島由紀、広田彩花組は同3位の中国ペア・陳清シン、カ一凡組と対戦。1-2の逆転負けで準決勝進出を逃した。

 6月の日本代表合宿中に右膝の前十字靱帯を損傷した広田はこの日もサポーターを巻きながら出場。第1ゲームは、正確なショットで常に先行したフクヒロペアが21-18で奪った。続く第2ゲームは、前のゲームの後半から調子を上げてきた中国ペアにいきなり6連続ポイントを許すなど、10-21で落とした。最終ゲームも相手に主導権を握られたまま敗れた。

 試合後、抱き合って互いの健闘をたたえ合った2人だが、広田の目からは涙が。福島は「(広田はけがで)痛かったと思うけどよく頑張ってくれた。2人らしい試合ができてよかった。こういう試合だったけど、思いが届いていればいいと思います」と話した。広田は「多くの方に支えられてこの舞台に立てたので感謝しています。2人でプレーできたことで、福島先輩には本当に感謝しています」と話した。

 永原和可那、松本麻佑組に続いての準々決勝敗退。世界ランク1、2位が揃って敗退し、前回リオ五輪の高橋・松友組に続いてのこの種目の日本勢2連覇が消滅した。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス