文字サイズ

「スケボー女子」にネット注目 流血も奮闘 西村、西矢、中山の10代トリオが決勝

 演技の合間に笑顔を見せる西村碧莉=有明アーバンスポーツパーク(撮影・高部洋祐)
 決勝で演技する西村碧莉=有明アーバンスポーツパーク(撮影・高部洋祐)
2枚

 「東京五輪・スケートボード女子ストリート・決勝」(26日、有明アーバンスポーツパーク)

 西村碧莉(19)、西矢椛(13)、中山楓奈(16)の3選手が決勝進出を決め、トレンドワードで「スケボー女子」が上位に浮上した。

 「スケボー女子、全員楽しそうでかわいすぎる」、「目が離せない」と注目。激しい転倒で流血もみせる競技に「若い子多いしケガが怖い」、「ひとつ間違えたら大けがする」などの書き込みが相次いだ。

 西村は17年Xゲームで日本人初優勝。西矢は今年6月の世界選手権で2位と急成長を遂げた。中山は世界最高峰のストリートリーグなど国際舞台でも活躍している。

 五輪初採用となるスケートボード。前日は男子の堀米雄斗が金メダル。プロスケートボーダーの瀬尻稜さん(24)のフランクな解説も話題となるなど、注目度が高まっている。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス