文字サイズ

阿部詩とは 名前は「ななみ」の予定も父が顔を見て即決 目標は「怪物」

決勝 優勝して号泣する阿部詩=日本武道館(撮影・堀内翔)
決勝 金メダルを獲得してガッツポーズをする阿部詩=日本武道館(撮影・堀内翔
決勝 一本勝ちを決める阿部詩=日本武道館(撮影・堀内翔)
3枚

 「東京五輪・柔道女子52キロ級・決勝」(25日、日本武道館)

 阿部詩(21)=日体大=が、難敵アマンディーヌ・ブシャール(フランス)にゴールデンスコア方式の延長戦の末に勝ち、悲願の金メダル。21歳の若さでニューヒロインとなった。

 日本女子では同階級初の金メダルとなり、涙。「絶対に金メダルをとってやろうと挑みました」と語ったが、「お兄ちゃんが今から気を抜けない。しっかり応援したい」と続けた。

 兄の阿部一二三も男子66キロ級で決勝進出。「2人の力を出し切ることができれば絶対に優勝できる」。ふたりは口をそろえてきたが、妹がひと足先に金メダルを獲得した。

 ▽阿部詩メモ

 ◆生まれ…2000年7月14日、神戸市兵庫区出身。

 ◆サイズ…158センチ。

 ◆家族…父浩二さん、母愛さん、5歳上の兄勇一朗さん、3歳上の兄一二三。

 ◆経歴…兄の影響で5歳で兵庫少年こだま会で柔道を開始。神戸・夙川学院中高を経て、現在は日体大3年。

 ◆得意技…右組みで、一二三と同じ袖釣り込み腰や背負い投げが得意技で「70%くらいは兄のスタイルが影響している」。他にも内股、大外刈りなども得意とする。

 ◆「YAWARA2世」…17年に史上最年少でワールドツアーを制した際、日本女子の増地克之監督は「何かやってくれそうという、人を引きつけるスター性を感じる。あえて名前を挙げるなら、期待も込めて田村亮子選手のようになって欲しい」と評した。

 ◆名前の由来…「ななみ」の予定だったが、病院で我が子の顔を見た父浩二さんが「この子は『詩』や」と即決。詩自身は「覚えてもらいやすい。最初の頃は不思議な名前だなと思っていたが、最近は周りにも増えてきて、すごくいい名前」と気に入っている。

 ◆兄一二三の存在…昔、兄がふがいなく負ける姿を見て「お兄ちゃんクソ弱いやん」とうそぶいたこともあるが、自身も世界のトップで勝負の厳しさを知った今は「こういう立場になって気持ちがわかるようになったので(人に)弱いとかは言えない」。

 ◆転機となった1敗…高校1年で出場したインターハイ初戦。緊張から反則技の「河津掛け」を掛けてしまい、反則負け。数日間は泣き続けるなど大きなショックを受けたが、「初戦から油断せずに戦うことが決勝につながる」と糧にし、その後の快進撃につなげた。

 ◆苦手を克服…高校時代は寝技が苦手で、シニアの大会では関節技で一本負けを繰り返した。母校夙川学院高は立ち技に力を入れていたが、苦手克服のために寝技の名門である長崎明誠高に何度も出稽古。1日4時間寝技だけのメニューもこなすなど、阿部にとっては地獄の練習だったが、今では寝技も武器の一つにするほど成長した。

 ◆息抜き…オフは映画を見て頭を切り換える。最近ではネットフリックスで「ヤクザと家族 The Family」を見たといい、「あまり2時間の映画で集中できないタイプだが、集中して見ちゃった。面白かった」。

 ◆好きな音楽…最近はブルーハーツの音楽を聴くことが多いと言い、「聞いたらやる気になる、すごく気持ちが上がる」。以前はEXPRESSの「もぐらの唄」を挙げていた。

 ◆目標は「怪物」…高校時代にボクシング世界王者の井上尚弥の本を読み、感化された。「絶対的な強さを手に入れることが第一歩。五輪では絶対的な強さで優勝したい」

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス