文字サイズ

高藤直寿が金メダル獲得で男泣き「開催して頂いたおかげです」

 金メダルを獲得した高藤直寿(撮影・堀内翔)
 日本選手団初の金メダルを獲得し、ガッツポーズする高藤直寿=日本武道館
 男子60キロ級で金メダルを獲得し、ガッツポーズする高藤直寿=日本武道館
3枚

 「東京五輪・柔道男子60キロ級・決勝」(24日、日本武道館)

 リオ五輪同級銅メダルの高藤直寿が悲願の金メダルを獲得した。決勝で楊勇緯(チャイニーズタイペイ)をゴールデンスコア方式の延長戦の末に破り、日本勢金メダル1号となった。

 初戦を内股で一本勝ちを飾ると、準々決勝、準決勝はゴールデンスコア方式の延長戦を制して、決勝にたどり着いた。

 決勝は一進一退の攻防。最後は楊に3つ目の指導がいき、相手の反則で高藤の勝利となった。

 高藤は畳を降りると男泣き。「ありがとうございました。本当に今まで支えてもらってこの結果があると思います。いやあ…。本当にコーチ、井上監督に迷惑をかけてばかり。結果を残せて良かったと思います」と歓喜。新型コロナウイルス禍の大会で金メダル1号となり「全然、そこまで頭が回らないですけど、こうやって開催して頂いたおかげです」と感謝した。

 決勝の内容を振り返り、「豪快に勝つことできなかったけど、これが僕の柔道です。今まで応援してくださってありがとうございます。もっと金メダリストして柔道を磨いていきます」と語った。

 5年前の屈辱が高藤の原動力。初出場の16年リオデジャネイロ大会では優勝候補と目されながら、準々決勝でまさかの一本負け。金メダルのみを目指して戻って来た大舞台で、世界の頂点に立った。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス