文字サイズ

渡名喜風南 銀メダルに号泣「自分の弱さが出た試合だった」

 銀メダルに終わり涙を流す渡名喜風南(撮影・堀内翔)
 攻められる渡名喜風南(撮影・堀内翔)
 コソボのディストリア・クラスニチ(奥)に敗れた渡名喜風南=日本武道館
3枚

 「東京五輪・柔道女子48キロ級・決勝」(24日、日本武道館)

 渡名喜風南(25)=パーク24=は決勝でディストリア・クラスニチ(コソボ)に敗れ、銀メダルとなった。残り23秒で内股で技ありを取られた。勝てば同級では04年田村亮子以来の金メダルだったが、あと一歩及ばなかった。

 畳を降りて号泣した渡名喜は「自分の弱さが出た試合だったなと思います。最近、ずっと決勝で勝ててなかったので、そこでの怖さもある中での戦いだったんですけど、やっぱり自分の弱さが最後、出てしまったと思います」と落胆。今大会日本選手初のメダルとなったが、「しっかりこの負けを認めていきたいと思います。ここまでコロナのなかで、すごい大変ななかでたくさんの人が最後までサポートしてくれたので感謝でいっぱいです」と言葉を絞り出した。

 準々決勝ではリオ五輪金メダルのパレト(アルゼンチン)に関節技で一本勝ち。準決勝では、世界選手権2連覇中で世界ランキング1位のダリア・ビロディド(ウクライナ)をゴールデンスコア方式の延長戦の末に撃破した。手応えをつかんで決勝までたどり着いたが、頂点には届かなかった。

 日本勢としては今大会のメダル1号。夏冬通算500個目のメダル獲得となった。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス