文字サイズ

羽生結弦が出迎えたファンに深々と一礼「ありがとうございました」北京五輪日本選手団が帰国

 帰国した羽生結弦(代表撮影)
 帰国した羽生結弦(代表撮影)
 帰国した羽生結弦(代表撮影)
3枚

 北京冬季五輪のフィギュアスケート男子で4位となった羽生結弦(27)=ANA=が21日、日本選手団の一員として成田空港着便で帰国した。到着ロビー前で出迎えた約300人のファンから飛び交った「おかえりなさい」「感動をありがとう」というねぎらいの声に笑顔で応えた。

 「YUZU」と書かれたタオルを掲げる女性ファンの姿も見られた中、日本選手団の公式スーツに身を包んだマスク姿の羽生が現れると、大きな歓声が上がった。荷物が入ったカートを押して導線を歩きながら何度も何度も、「ありがとうございました」と頭を下げて感謝を伝えた羽生。最後は足を止めて深々と一礼し、帰路に着いた。

 羽生は今大会、SPで8位。フリーでは冒頭にクワッドアクセル(4回転半)を転倒するも、世界初の認定を受け、最終的に4位となった。競技終了後も現地にとどまり、大会最終日のエキシビジョンに出演。「春よ、来い」を優雅に舞い、演技後には「ものすごく緊張しましたけど、すべての思い、すべての幸せを演技に込めて。自分のスケート人生のいろんなものを込めて表現できたんじゃないかと思います」と語っていた。

 今後は7日間の隔離生活を送る。3月には世界選手権(フランス・モンペリエ)が控えているが、フリー前日の9日に右足首を捻挫しており、出場については「総合的に判断して決めたい」と欠場の可能性も示している。

2022-02-20
2022-02-19
2022-02-18
2022-02-17
2022-02-16
2022-02-15
2022-02-14
2022-02-13
2022-02-12
2022-02-11
2022-02-10
2022-02-09
2022-02-08
2022-02-07
2022-02-06
2022-02-05
2022-02-04
2022-02-03

関連ニュース

北京五輪最新ニュース

もっとみる

北京五輪 写真ハイライト

ストーリーを見る
北京五輪 17日間の熱戦が閉幕 カーリングは史上初の銀 フィギュアエキシビには羽生登場

北京五輪速報

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス