文字サイズ

鍵山優真 宇野からLINEで応援「宇野選手らしい」と笑う【一問一答】

フィギュアスケート団体戦男子フリーでフィニッシュを決める鍵山(撮影・堀内翔)
フィギュアスケート団体戦男子フリー鍵山の演技(撮影・堀内翔)
フィギュアスケート団体戦男子フリーを終えて笑顔で走りながらリンクを後にする鍵山(撮影・堀内翔)
3枚

 「北京五輪・フィギュアスケート団体」(6日、首都体育館)

 男子フリーで鍵山優真(18)=オリエンタルバイオ・星槎=が、ループ、サルコー、トーループの3種類計4度の4回転ジャンプを決めるなどの好演技で自己ベストの208・94点を出した。鍵山の一問一答は以下。

 -初の200点超。

 「ビックリしました。あんな点数で。200点は超えたいなという気持ちはあったのでまずはよかった。個人戦なら一人でワーッとできるが、今日はチームのみんながいたのでさらにうれしさを感じた。みんなも一緒に喜んでくれて、団体戦の雰囲気を楽しめた」

 -4回転ループの投入に不安は。

 「サルコーやトーループみたいに確率はよくないので、とりあえず全力で締めればと。他の要素はそんなに不安はなかった」

 -着氷でこらえたが、GOEはプラスだった。

 「なんで?(笑)。僕はマイナスだと考えていた。個人戦ではもっといいループを跳びたい」

 -初の五輪で記録はノーミス。

 「自分では納得していないので。でもループ以外の要素は練習どおり完璧にやることができたのでよかった。トーループの後半のコンビネーションも初めてだった。失敗しても成功してもいい経験だった」

 -日本はメダルに近づいた。

 「これからの選手を全力で応援する。午前中に(樋口)新葉ちゃんがいい演技をしていた得点を確認して、勇気というか、僕もがんばらなきゃと思った。チーム戦のよさを味わえた」

 -プログラム後半に難度を上げたが。

 「自信満々で跳ぶことができた。こっちに来てからだいぶ調子を上げていけたので、演技に出せてよかった」

 -GPシリーズでは後半に苦しい時もあったが。

 「正直に言うと、練習の時はめちゃくちゃきつくて、サブの方が体力がもっていて、メインの方がきつかったので、どうしようかと思ったけど、6分間の時から謎の自信と、緊張を全然感じなくて…。ゾーン?うーん、自分らしくいけたかなと」

 -父の正和コーチから何か言われたか。

 「(演技前は)とりあえず悔いのないように全力でやってこいと。(後は)団体戦でいい演技ができてよかった」

 -4回転ループに正和コーチは慎重だった。

 「とにかく僕はやりたかった。練習での確率はトーループやサルコーほどよくないけど、ある程度の形はできていた。ループを入れることで、他の要素が大事になってくるが、その自信があったので、不安なく入れられた。今日はガツンと演技ができたかなと思います。演技の中で、完璧に降りることはあまりなかったが、ある程度立つことはできていたので、そんなに不安はなかった」

 -宇野選手からは。

 「トレーニングがあるので見に行けないとLINEで言われた(笑)。(団体戦は)個人戦の練習だと思って頑張れと、応援の言葉をいただいた。宇野選手らしい応援の仕方だなと思った」

 -最後のトリプルアクセルを決めて笑顔が出たが。

 「何も考えてなかったが、自然に笑顔が出てきちゃって、チーム席が目の前だったのでオッシャーという気持ちを見せられた」

 -初の五輪は、

 「変な緊張とかプレッシャーは全然なくて、とても楽しく最後までできた」

 -ここまで緊張しなかったのは。

 「初めてかな。世界選手権の時もここまで緊張しなかったので、同じくらいかと。せっかくの五輪なので変に緊張して悔いを残したくなかった。今までは緊張して自分をだますために楽しまなきゃと思ったけど、今日は心の底から楽しかった」

2022-02-20
2022-02-19
2022-02-18
2022-02-17
2022-02-16
2022-02-15
2022-02-14
2022-02-13
2022-02-12
2022-02-11
2022-02-10
2022-02-09
2022-02-08
2022-02-07
2022-02-06
2022-02-05
2022-02-04
2022-02-03

関連ニュース

北京五輪最新ニュース

もっとみる

北京五輪 写真ハイライト

ストーリーを見る
北京五輪 17日間の熱戦が閉幕 カーリングは史上初の銀 フィギュアエキシビには羽生登場

北京五輪速報

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス