文字サイズ

羽生、所属ANAから“ファーストクラス往復券”「なるべく高いところに」

 ファーストクラス往復航空券をプレゼントされた羽生結弦(中央)
1枚拡大

 平昌五輪のフィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=が27日、都内で日本選手団の解団式、ファンを前にした帰国報告会に出席後、日本外国特派員協会、日本記者クラブで会見。2022年北京五輪やクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を超える5回転への意欲を語った。文部科学省訪問、所属先での報告会など朝から夜まで分刻みのハードスケジュールをこなし、各所で“ユヅフィーバー”を巻き起こした。

 羽生は所属先のANA本社も訪問し、金メダル獲得を報告した。ANAからは家族同伴でのファーストクラス往復航空券をプレゼントされ「なるべく(金額が)高いところにしたいと思います」と、集まった社員を笑わせた。「今まで2度ファーストクラスに乗せてもらったことがあるが、本当に広々として特別な空間を味わえる」。久々に羽根を伸ばすことを楽しみにしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス