文字サイズ

鬼塚、気持ち立て直し7位決勝進出! 悪夢払しょくで安堵の表情見せる

 女子ビッグエア予選を終え、笑顔で引き揚げる鬼塚雅(共同)
1枚拡大

 「平昌五輪・スノーボード女子ビッグエア・予選」(19日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 新種目の女子ビッグエア予選が行われ、藤森由香(31)=アルビレックス新潟=が94・25点で2位、岩渕麗楽(16)=キララクエストク=が92・75点で3位で予選を通過。7位の鬼塚雅(19)=星野リゾート=とともに、23日の決勝で初代女王の座を狙う。Xゲーム女王のアンナー・ガサー(26)=オーストリア=が98・00点で首位通過を決めた。

 しっかり気持ちを立て直して、予選を通過した。スロープスタイルで19位に終わった鬼塚だが、ビッグエアではしっかりと7位で決勝進出。「五輪、あんまり好きじゃないかな」と話していた悪夢から「頭の切り替えは簡単にできた。とりあえず(予選を)通ってよかった」と、ホッとした表情を浮かべた。スロープスタイルで左足かかとを痛め、18日の練習で負傷した右ひじも「痛い」と話す。それでも、メダルへ大技バックサイドダブルコーク1080投入を示唆した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス