文字サイズ

高山が三回で早くも猛打賞 今季3度目

8回、高山は二塁へ内野安打を放つ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2回阪神、広島・横山弘樹の暴投で生還し、阪神・西岡 剛(右)の出迎えを受ける阪神・高山 俊=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
1回阪神無死一塁、阪神・大和の中越え打で、一塁から一気に本塁を狙う阪神・高山 俊=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
1回阪神無死、阪神・大和の先制適時二塁打で生還し、ナインとハイタッチを交わす阪神・高山 俊=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
1回阪神無死一塁、大和の先制適時二塁打で生還した一走・高山俊(背番号9)を出迎える阪神・金本知憲監督=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
5枚5枚

 「広島-阪神」(23日、マツダスタジアム)

 阪神ドラフト1位・高山(明大)が、三回まで毎回安打を放ち、今季3度目の猛打賞をマークした。

 「1番・左翼」でスタメン出場した高山は初回、投手への内野安打を放って3点先制につなげると、3-4の二回には1死から左前打。この回4得点の口火を切った。

 そして7-4の三回には、1死走者なしの場面で、広島2番手・中田から左中間を破る三塁打を放って出塁。2死一、三塁となってから、ゴメス、鳥谷が連続適時打を放ち、この回2点を追加した。

 高山は四回は遊ゴロ、六回は一ゴロに倒れたが、八回の第6打席は、広島5番手・永川から、この試合4安打目となる二塁への内野安打をマークした。

 高山は20日のヤクルト戦、不調でスタメンを外れていた。前日21日の雨天中止を挟んでスタメンに復帰し、結果を出した。

 高山の猛打賞はシーズン18回のペース。球団新人最多は98年坪井の11回。セ・リーグ新人最多は58年の巨人・長嶋茂雄の14回だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス