文字サイズ

岩田3回1失点、能見2回2K0封

 「練習試合、阪神-日本ハム」(25日、宜野座)

 先発4本柱を担う岩田と能見の両左腕が、対外試合初登板に臨んだ。

 まず先発マウンドに登ったのは岩田。初回2死二、三塁のピンチは、ルーキー・横尾を三ゴロに打ち取って脱出。しかし、二回先頭の石川慎に141キロの直球を捉えられ、左中間への先制ソロを許した。三回は陽川の失策などで2死一、二塁と再び得点圏に走者を背負ったが、ここは横尾を遊ゴロに仕留めて切り抜けた。3回3安打1失点と、まずまずの結果だった。

 能見は四回から2番手で登板。いきなり2者連続見逃し三振を奪う。五回に失策が絡んで2死一、三塁とされたが、谷口を落ち着いて二ゴロに退け、得点は許さなかった。こちらは2回1安打無失点、2奪三振。貫禄の投球だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス