文字サイズ

清原氏 球児の“ストレート”復活喜ぶ

元プロ野球の清原和博氏
1枚拡大

 元プロ野球選手の清原和博氏(48)が30日、自身のブログを更新し、4年ぶりに阪神に復帰した藤川球児投手(35)の“火の玉ストレート”復活を喜んだ。

 藤川は29日に合同自主トレ先の沖縄・宜野座村野球場で今年初めて本格ブルペン入り。捕手を座らせ、手元で伸びる直球をズバズバと投げ込んだ。

 清原氏は「火の球」のタイトルで、藤川の全開ぶりを伝える新聞紙面を手にした自身の写真とともに「またまた嬉しいニュース 藤川投手の直球!!」とつづり、「今までの最速 伊良部投手158キロ クルーン160キロ 藤川投手150キロ 藤川投手の球だけバットに当たりませんでした」と、スピードだけではない藤川の“火の球”の威力に思いをはせた。

 清原氏と藤川をめぐっては「チ××コ発言」が有名。05年4月21日の巨人-阪神戦(東京ドーム)で8点差を追う七回裏、巨人・清原は2死満塁のフルカウントから藤川のフォークに空振り三振し、チームはそのまま敗戦。試合後、清原は怒りを爆発させ「10対2で2死満塁、2-3でフォークやろ。ケツの穴小さいな。チ××コついとんのか!!」と激しく阪神バッテリーを“口撃”した。

 その日以来の対決となった同年6月25日の阪神-巨人戦(甲子園)では、八回1死走者なしで打席に入った清原はカウント2-2から藤川の149キロ直球に空振り三振。「素晴らしいストレートがきていました。完敗です」と、すがすがしく振り返ったいきさつがある。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス