文字サイズ

上本、契約更改交渉で球団から叱咤

契約交渉を終え、会見する上本=阪神球団事務所(撮影・高部洋祐)
3枚

 阪神の上本博紀内野手(29)が9日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、400万減の3600万円でサインした。(金額は推定)

 7年目の今季は出場108試合で打率・253。131試合で打率・276をマークした昨季を上回ることはできなかった。球団からは「もっとやってもらわないと」と叱咤(しった)されたが、「自分でもそう思う。結果を残していないので」と険しいながらも納得の表情。「数字がすべてだと思う。全然ダメでした」と言い訳はしなかった。

 来春キャンプでは復活を期する西岡、抜群の守備力を誇る大和らと二塁の定位置を争うが「それは分からない。特にないです。しっかりやるだけです」と多くを語らなかった。「具体的な数字はないですけど、一日一日しっかり後悔ないように過ごして、それを積み重ねていきたい」と前を向いた。

 3年連続で選手会長を務める来季は金本新監督の下で“超変革”を掲げてV奪回に挑む。「(チームが)何か変わらないといけないと思いますし、個人的にも変わらないといけない。一番はチームが優勝に向かっているので、しっかり戦力として貢献したい」と巻き返しを誓っていた。

2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19
2022-07-17
2022-07-16
2022-07-15
2022-07-14

関連ニュース

編集者のオススメ記事

タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス