文字サイズ

阪神、5割復帰で首位タイ浮上

勝ち星を挙げた阪神・能見篤史はウイニングボールを手にナインを迎える。左は阪神・福留孝介、右は阪神・安藤優也=甲子園(撮影・田中太一)
3枚

 「阪神4-2巨人」(22日、甲子園)

 阪神が“天敵”ポレダから初回に先制点を奪って競り勝ち、連勝で勝率5割に復帰。この日、DeNAを破ったヤクルトと並び、首位に浮上した。巨人は2連敗で首位から3位に順位を落とした。

 阪神は初回、鳥谷の左前打、ゴメス、マートンの連続四死球などで2死満塁とし、新井良の走者一掃となる中越え適時二塁打で3点を先制。六回にはドラフト3位・江越(駒大)の左越え2号ソロで追加点を奪った。

 初回に走者一掃の二塁打を放った新井は「満塁でしたし、積極的にいこうと打席に入りました。なかなか結果を出せなかったですけど、チームの勝利に貢献できて良かったです」と、お立ち台で声を張り上げた。守っても、三回2死一、二塁のピンチで三遊間への強い当たりを横っ飛びで好捕。「はい、まあ…もっともっと練習して守備も頑張ります」と、照れながら話した。

 江越は、プロ入り2号目アーチに「上がりすぎたんで必死に走っていましたが、風に助けられました」。21日に1軍へ再昇格したばかり。「結果も大事かもしれないですが、結果だけにとらわれず、必死になってアピールしたい」と、決意表明した。

 先発の能見は変化球をうまく使い、6回を6安打4奪三振1失点。走者を出しながらも要所を締め、7勝目(9敗)を挙げた。能見は通算80勝で、下柳と並び球団15位の勝利数となった。

 巨人はここまで阪神戦で4勝を挙げていた先発のポレダが、4回3失点で降板。3点を追う五回に井端が中前適時打、再び3点を追う七回には代打・堂上が右翼越え2号ソロを放ったが、2点差は縮まらず。原監督の57歳の誕生日を祝えなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス