文字サイズ

虎が連勝2位浮上 マートン復活1号ソロ

お立ち台で上本を抱き上げ上機嫌のメッセンジャー(撮影・田中太一)
阪神 マット・マートン(左から2人目)らとナインを出迎える阪神・和田豊監督(左)=甲子園(撮影・棚橋慶太)
2回、ソロを放ったマートンを出迎える阪神ナイン=甲子園(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「阪神4-1ヤクルト」(20日、甲子園) 阪神が連勝し、この日広島に敗れて12連敗となったDeNAをかわし4月6日以来の2位に浮上した。交流戦明けの初戦白星は11年以来4年ぶり7回目で、和田監督体制になってからは初めて。

 二回1死から、マートンの待望の今季1号左越えソロで幸先良く先制。四回に追いつかれたが、五回、2死二塁から上本の左前適時打で勝ち越しに成功。なおも2死一、二塁からゴメスの中前適時打でさらに1点を加え、七回にも2死一、三塁からゴメスの中前適時打で加点した。

 先発メッセンジャーは7回を6安打1失点で5勝目(5敗)。「野手の皆さんにも助けてもらって、いい試合ができたと思う。1点許しましたが、どんどん点をやるわけにはいかなかった。何とか粘りたかったし、野手のいいディフェンスに助けてもらった」とバックに感謝した。

 ヤクルトは1点を追う四回に畠山の左翼線二塁打で追いついたが、なおも無死満塁の好機を生かせず、この回一気に勝ち越せなかったのが大きく響いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス