文字サイズ

大勝で交流戦セで唯一勝ち越し

バッテリーでお立ち台に上った阪神・鶴岡一成(右)と阪神・岩田稔がガッツポーズを決める=甲子園(撮影・田中太一)
3枚

 「交流戦、阪神11-4日本ハム」(16日、甲子園)

 阪神が今季最多の11得点の猛攻で連敗を4で止め、今季の交流戦を10勝8敗とし、セ・リーグで唯一の勝ち越しチームとなった。

 二回1死二、三塁から鶴岡の右前2点適時打で先制。さらに鳥谷の左越え適時二塁打でこの回3点を奪った。四回は無死満塁から代打・新井が前進守備の二遊間を破る2点適時打。さらに日本ハムの3番手・白村の本塁悪送球で2点。2死満塁からは鶴岡が走者一掃の左中間適時二塁打を放ち、この回一気に7点を追加した。

 七回は甲子園プロ初登板の日本ハム・斎藤佑から大和が中前適時打を放ち11点目を挙げた。

 先発・岩田は9回8安打4失点の完投で5勝目(3敗)を挙げた。

 プロ初の5打点で岩田の完投を援護した女房役の鶴岡は「僕も一応バットを持っているんで来た球をしっかり振り抜こうと思いました。前でうえぽん(上本)が粘って出てくれたので、これは返さないといけないと思った。(岩田は)落ち着いて投げていた。最後はバタバタしたが、ああいうところはバッテリーでしっかり締めて頑張りたい」と喜びを表した。

 大量援護に守られた岩田は「自分がいいピッチングをすれば、それがチームのためになると、そのことだけを考えて投げた。前回(の登板)が全然ダメだったので、その反省を踏まえて力みすぎないようにした。(今季3度目の連敗ストッパーとなったが)あんまり意識してない。たまたまそこで当たっている。(通算50勝)うれしいけれど、もうちょっと早くできたのかなとも思う」などと語った。

 日本ハムは連勝が3で止まり、今季の交流戦を11勝6敗1分けで終了。12勝6敗のソフトバンクに次ぐ勝率2位となった。

 先発のドラフト1位・有原は四回途中5安打5失点でKO降板となり、2敗目(3勝)を喫した。5番手・斎藤佑は2回2安打1失点だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス