文字サイズ

ドラ1・横山の好投、和田監督が絶賛

2回阪神無死、巨人・坂本を右飛に仕留める阪神・横山=甲子園(撮影・金田祐二)
4回、巨人・アンダーソンを一直に打ち取り雄叫びをあげる阪神・横山雄哉=甲子園(撮影・保田叔久)
躍動感あふれる投球を見せる阪神・横山雄哉=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「阪神-巨人」(21日、甲子園)

 阪神のドラフト1位・横山雄哉投手(21)=新日鉄住金鹿島=がプロ初登板初先発。初回から直球と落差のあるカーブを生かして巨人の強力打線に立ち向かい、三回まで無安打に抑えた。

 四回、先頭の片岡にプロ初被安打となる中前打を許したが、続く亀井の打席で絶妙のけん制を繰り出し、片岡を一、二塁間で挟殺。上々のスタートを切った。

 しかし、0-0の六回、1死から先頭の亀井に左中間二塁打を許すと、2死二塁でアンダーソンに先制の左線適時二塁打を喫した。七回も2死一、三塁のピンチを背負ったが、片岡を二ゴロに斬って無失点。7回6安打5奪三振、1失点で降板した。

 横山は「ゲームをつくることはできたと思うが、相手に先に点を取られる形になったので、何とか0に抑えたかった」と振り返った。また「鶴岡さんの構えたとおりに投げられなかったボールも多かったが、投げやすいようにリードしてくださり、思い切って腕を振ることができた」とコメントした。

 期待のルーキーの好投に、和田監督は「横山が投げている間に何とかひっくり返したかったが…」と悔やみながらも「初登板で緊張もしただろうが、初回から腕を振ってまっすぐが走っていたし、変化球も良かった。堂々として素晴らしいピッチング。今日のピッチングを見せられたら、もちろん次も使いたい気になる」と、絶賛していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス