文字サイズ

阪神3連勝で日本シリーズ進出へ王手

日本シリーズ進出に王手をかけハイタッチで喜ぶ阪神ナイン=東京ドーム(撮影・村中拓久)
阪神・大和の好守で試合が終了しハイタッチをかわす阪神・呉昇桓(右)ら阪神ナイン=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
2枚2枚

 「セCSファイナルS第3戦、巨人2-4阪神」(17日、東京ド)

 阪神が3連勝。巨人の1勝のアドバンテージを含め3勝1敗とし、05年以来の日本シリーズ進出へ王手をかけた。

 阪神は2点を追う六回、ゴメス、福留の適時打で同点。続く七回には1死二、三塁から再びゴメスの2点適時打で勝ち越しに成功した。

 投手陣は先発のメッセンジャーが5回2失点で降板。六回以降は高宮、安藤、松田とつなぎ、八回2死一、二塁からは呉昇桓が登板。代打・セペダを左飛に仕留めて無失点で切り抜けると、九回を3人で締めて逃げ切った。最後は亀井の左中間への飛球を大和がダイビングキャッチで好捕した。

 巨人は初回2死二塁から阿部の適時打で先制。三回には亀井が右翼席に1号ソロを放ったが、追加点が奪えず、投手陣もリードを守りきれなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス