文字サイズ

藤浪9勝、甲子園初完投!157キロ!

甲子園で初完投勝利を挙げナインとハイタッチを交わす阪神・藤浪晋太郎(中央)。左は阪神・西岡 剛=甲子園(撮影・保田叔久)
3枚

 「阪神8‐2広島」(12日、甲子園)

 阪神が連敗を6で止めた。先発した藤浪は8安打2失点に抑え、本拠地・甲子園ではプロ入り初完投で9勝目(8敗)。2年連続2桁勝利に王手をかけた。

 「ここのところ情けないピッチングが続いていたんで、久々の甲子園だったので思い切っていきました」。自身4連敗中で迎えたマウンドで10三振を奪った。初回には自己最速の157キロをマーク。「あまり球速は気にしていないんですが、数字として出たならよかった」と喜んだ。

 打線も援護した。1点を追う四回、1死一、二塁からゴメスが同点打。なお満塁として押し出し死球で勝ち越した後、伊藤隼が右翼へ2点二塁打。さらに鶴岡が犠飛、藤浪も中越え適時二塁打で一挙6点。六回にも上本の適時二塁打などで2点を追加した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス