文字サイズ

阪神が11カードぶりに初戦勝利

ソフトバンク戦に勝利しナインを出迎える阪神・和田豊監督=甲子園(撮影・保田叔久)
3枚

 「交流戦、阪神14‐8ソフトバンク」(8日、甲子園)

 阪神が11カードぶりにカード初戦に勝利した。

 一回に李大浩の左線適時二塁打で先制を許したが、その裏に打線がつながった。

 1死三塁から鳥谷が右越えへ逆転の5号2ラン。なお二、三塁とし、新井が左前に2点適時打を放った。さらに満塁から梅野が左中間を破る走者一掃の3点適時三塁打。大和、ゴメスも適時打を放ち、ソフトバンク先発のオセゲラからこの回9点を奪った。

 3点差に迫られた三回には、2死三塁から鳥谷が左前適時打。その後も新井の左中間適時二塁打などで加点し、七回にはゴメスの右前適時打、マートンの左線適時二塁打で突き放した。

 先発の榎田はリズムに乗れず、2回1/3を7安打6失点で降板した。2番手の鶴も2回2失点だったが、六回以降は安藤らリリーフ陣が好投。最後は呉昇桓が締めて、ソフトバンクの反撃を許さなかった。

 試合後、ヒーローインタビューのお立ち台は鳥谷とマートン。逆転2ランを放った鳥谷は「(前打者の)大和が(一ゴロで走者を)三塁に送ってくれたんで、楽な気持ちで打席に入らせてもらった。打った瞬間はファウルになるかなと思ったが、ホームランになってくれてよかった」と振り返った。4安打2打点と活躍したマートンは、11カードぶりの初戦勝利について「気持ちいい」と話していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス