文字サイズ

阪神、2桁10点奪って4連勝

チームの勝利に貢献した阪神・新井貴(中央)は筒井らナインを出迎える(撮影・田中太一)
3枚

 「中日4‐10阪神」(22日、ナゴヤド)

 阪神は2桁得点で、終盤に中日を突き放して4連勝。貯金を6とした。

 二回に2点を奪うと、三回にはゴメスが3号2ランを放ち、阪神の外国人では最長となる開幕から22試合連続連続出塁を達成した。

 同点にされた直後の八回には、1死満塁から代打・新井の左前適時打で勝ち越しに成功すると、なおも2死満塁からは上本が左前へ2点打を放った。

 藤浪は6回0/3を2安打4失点。6四死球と制球に苦しみ、七回に連続四球と悪送球などで降板。継投でつないだ。中日は七回に無安打で3点を奪って同点に追い付いたが、八回に登板した田島が3失点と誤算だった。

 勝ち越し打を放った新井は「初球からどんどんいこうと思っていた」と振り返った。代打での出場が続いているが「自分の与えられた場所で、しっかり結果を残せるように頑張っています」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス