文字サイズ

観衆3桁も…復活期すなでしこリーグ

復活を期すなでしこリーグ
1枚拡大

 サッカー日本女子代表なでしこジャパンは5日、カナダ女子W杯決勝をバンクーバーで米国と戦い2-5で敗れた。主将の宮間あや(岡山湯郷)は女子サッカーを「ブームではなく文化にしたい」と強い決意を胸に臨んだ。結果は及ばなかった。宮間が危機感を抱く通り、国内のなでしこリーグの観客動員は停滞しており、代表人気が日常のリーグ戦につながっていないのが現実だ。

 なでしこがブームとして爆発したのは2011年のW杯優勝直後から銀メダルを獲得した2012年ロンドン五輪にかけて。多くの代表選手が所属するINAC神戸と日テレのリーグ戦での試合の観衆を比較した。

 11年5月7日   日テレ0-2INAC神戸(駒沢陸上) 1050人※W杯前

 11年11月6日  INAC神戸1-1日テレ(ホームズ)10585人※W杯後

 12年6月10日  日テレ0-1INAC神戸(国立)  16663人※ロンドン五輪直前

 12年11月11日 INAC神戸4-0日テレ(長居)   5160人※ロンドン五輪後

 13年5月12日  INAC神戸4-2日テレ(ノエスタ) 6401人

 13年10月26日 日テレ1-0INAC神戸(味スタ)  2301人

 14年6月8日   INAC神戸2-3日テレ(ノエスタ) 5606人

 14年8月2日   日テレ2-1INAC神戸(味フィ西) 2283人

 14年10月10日 INAC神戸0-2日テレ(ノエスタ) 2153人

 14年11月8日  日テレ2-1INAC神戸(多摩陸上) 1730人

 15年5月6日   日テレ2-1INAC神戸(味フィ西) 4373人

 ドイツ女子W杯からロンドン五輪までは1万人以上を集めてたリーグきっての黄金カードも、最近は5000人を切っている。ただ、ドイツ女子W杯直後でも代表選手がいない試合では3桁しか観衆がいない例も多くある。カナダ女子W杯直前のリーグ戦でも3試合が3桁の動員にとどまったが、埼玉、伊賀、大阪高槻と代表選手がいないクラブのホームゲームだった。

 なでしこリーグは、公式サイトで他国リーグのニュース(ワンバックの移籍の話題など)を伝えるなど女子サッカー全体へのファンの興味を引こうと努力はしているが、数字の上でも体感的にも国内のリーグ戦が盛り上がっているとは言えない。各代表選手が持つ人気だけではなく、いかにクラブやリーグ単位で魅力をアピールするかが今後、問われる。なでしこリーグ再開は7月12日。世界での激闘は終わったが、“なでしこ”を文化にするための戦いは続く。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス