文字サイズ

里村明衣子が赤いベルトを奪取!

宝城(下)からベルトを奪取した里村里村=後楽園ホール
宝城(左)にキックを見舞う里村=後楽園ホール
宝城(下)を攻める里村=後楽園ホール
3枚3枚

 「スターダム」(26日、後楽園ホール)

 仙台女子プロレスの里村明衣子が宝城カイリをデスバレーボム2連発で破り、4度目の挑戦でワールド・オブ・スターダム王座を奪取した。

 6月14日の後楽園大会で宝城に挑戦した際は30分時間切れドローに終わり、里村が再戦を要求。今回は時間無制限で行われ、里村が完全勝利した。

 デビュー20周年を迎えた里村にとって、戴冠はガイアジャパン時代の05年4月にアジャ・コングに敗れ、AAAWシングル王座を失って以来、10年ぶりとなった。

 「仙女」と記されたタオルを肩にかけ、スターダム・ロッシー小川代表から赤いベルトとトロフィーを受け取った里村は「里村明衣子、ちょっと遅いですが、咲いてきましたよ。これからスターダムだけじゃなく、女子プロレス界をもっと輝かせていきます。これは私の役目です」と誓った。

 一方、至宝のベルトを他団体へ流出させてしまった宝城は「今まで生きてきた中で、プロレス人生の中で、きょうが一番悔しいです」と涙を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス