文字サイズ

高山が大仁田破り、初代爆破王に

大仁田厚(右)を破り、初代爆破王に輝いた高山善広(撮影・山口登)
1枚拡大

  「なにわ超花火」(23日、ボディメーカーコロシアム第2)

 高山善廣(48)が大仁田厚(57)を破り、初代爆破王ベルトを手にした。

 13年12月、14年9月と電流爆破戦で2連敗していた帝王が「あのリングで大仁田厚に勝ってこそ」という思いをかなえた。

 同時被弾2度を含めて計8度の爆破の末、帝王が邪道ワールドで仁王立ち。最初に2度被弾したが、見事な逆転勝ちを収めた。

 バックドロップで粘る大仁田の息の根を止めた高山はできたてほやほやの勲章を手にし「日本一“高い山(富士山)”が描かれて、金色は金髪。オレのためのベルト」と胸を張った。

 また、TARUが次期挑戦者に名乗りをあげた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス