文字サイズ

王者・野中悠樹が判定勝ちで初防衛

初防衛に成功し“両手に花”の野中
1枚拡大

 「デイリー後援・日本スーパーウエルター級タイトルマッチ10回戦」(28日、住吉区民センター)

 日本スーパーウエルター級王者・野中悠樹(37)=渥美=が同級1位の挑戦者・チャーリー太田(33)=八王子中屋=を判定2-1で退け、初防衛を果たした。

 米国出身のWBC同級9位に入る世界ランカーで“格上”と思われた最強挑戦者を戦略通りに制した。1回からリングいっぱいに足を使い、的を絞らせなかった。的確にパンチをたたきこみ、打っては距離を取るアウトボクシングを最後まで展開した。

 勝利コールを聞くと、リングに倒れ込み歓喜。「チャーリー選手は強かった。それに勝った僕の方が強い」と声援に応えた。

 「足を止めたら負けると思った。絶対に最後までつかまらないと思った。世界レベルの選手に勝てたのが収穫。途中、気持ちが折れそうになったけど、トレーナーに教わった通りにやれた」と会心の表情で振り返った。

 “アニキ”と慕う歌手の吉川晃司にも胸を張りV報告ができる。試合前には「攻めだ攻めだ攻めだ」と激烈エールをメールでもらった。会場には花束を送ってもらい、「世界戦の時は国歌独唱」を約束してもらった。「力になりました」と防衛成功に安どした。

 試合後のリングでは前同級王者で同級1位、IBF世界同級9位の細川貴之(六島)から挑戦状がたたき付けられた。「それは何と言おうとやりたい。世界ランクでは格上だし、世界ランクを上げたいし」。4月のチャンピオンカーニバルで挑戦を受ける考えだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス