文字サイズ

【天皇賞】大敗ゴールドアクター

12着に惨敗したゴールドアクター=京都競馬場
12着に敗れたゴールドアクター(撮影・山口登)
2枚2枚

 「天皇賞(春)・G1」(1日、京都)

 脅威の粘り腰を発揮した2番人気のキタサンブラックがゴール前の大激戦を4センチ差制した。

 昨年の有馬記念覇者ゴールドアクターは、直線で鞍上が押しても叩いても全く伸びない。まさかの12着に沈み連勝は“5”で止まった。「カリカリして気の入りやすい馬だけど、きょうが一番ひどかった。3コーナーから動いて行ったけど、追って反応がなかった」と吉田隼人騎手はガックリとうなだれた。そして「これだけいい馬場だと、枠の運で決まってしまう」と枠の有利不利も敗因に挙げた。

 「枠なりのうまい競馬をしたけど。イレ込んだのも原因だし、距離もあるかな」と鞍上をかばった中川公成調教師。06年ディープインパクトを最後に1番人気は敗れており、今年で10連敗に。「甘いもんじゃないことが分かった。いい経験になった」と最後は前を向いた吉田隼人騎手。大敗を糧に次の舞台で借りを返したい。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス