文字サイズ

ファンキー加藤、謝罪会見一問一答

記者会見で謝罪するファンキー加藤=東京・ハートビートレコディングスタジオ(撮影・開出牧)
記者会見で頭を下げ、おびただしいフラッシュを浴びるファンキー加藤=東京・ハートビートレコディングスタジオ(撮影・開出牧)
記者会見で質問に言葉を詰まらせ目を閉じるファンキー加藤=東京・ハートビートレコディングスタジオ(撮影・開出牧)
3枚

 元ファンキーモンキーベイビーズのボーカルで、現在はソロ歌手のファンキー加藤(37)が、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(40)の妻・Aさんと“ダブル不倫”していたと7日発売の「週刊女性」が報じた。これを受けてファンキー加藤が同日、都内で取材に応じ、不倫を認めた上で、妻や家族、柴田に「つらい思いをさせました」と謝罪した。以下、加藤と報道陣のやり取りの全文要旨。

 (はじめに加藤から謝罪)

 「本日発売の『週刊女性』についてですが、記事に書かれていることはすべて事実です。現在、相手の女性との間に子どもを授かっています。また、認知もさせていただいています。養育費等、今後についての話し合いも現在させていただいています。このような状況になってしまいましたが、生まれてくる子どものために、自分自身、何ができるか、しっかりと考え、向き合っていきたいと思っています。こんな自分のことをそれでも支えてくれている妻と家族、そして柴田さん。本当につらい思いをさせてしまいました。この場を借りてお詫びさせていただきます。最後に、ずっと僕のことを応援し続けてくれたファンの皆さまには本当にご心配をおかけしました。そして裏切ってしまったことを心からお詫びさせていただきます」

 -奥様に伝えた時の反応は。

 「最初はショックを受けていました。困惑していました」

 -いつごろの話か。

 「昨年11月ごろだったと」

 -2人で話し合ったのか。

 「ずっと話し合いは重ねてきました」

 -ご自身が妊娠を知らされたのはいつか。

 「えー…。ごめんなさい、頭が真っ白になっちゃって。記事に書いてある通りだと思います」

 -となると9月だが、どのように知ったのか。

 「妊娠したよ、と」

 -その時、加藤さんはどう話したか。

 「僕も戸惑ってしまい、すぐには言葉を返すことができなくて…。その時は本当に、迷惑をかけてしまったなと」

 -産みたいとAさんは言ったようだが。

 「最初は戸惑いました。でもやっぱり、生まれてくる子どもには何の罪もないので、少しずつ誠心誠意向き合っていこうと思いました」

 -Aさんと知り合った経緯は。

 「記事に書いてあるとおりなんですが、後輩との飲みの席で知り合いました」

 -柴田さんの奥さんとも知らなかった。

 「はい」

 -既婚者とも知らなかった。

 「はい」

 -どちらから声を。

 「僕の方から声をかけさせていただいたので、責任の多くは僕にあると思います」

 -飲み会の後にすぐお付き合いは始まったのか。

 「少し時間は空きましたけど、連絡先は交換させていただきました」

 -どのような印象を持っていたか。

 「女性として魅力を感じたのは事実でした」

 -不倫になるが。

 「本当に今となって思えば、軽率な行為だったと思って反省しております」

 -離婚が成立してから柴田さんの妻と知ったのか。

 「はい」

 -子どもがいると知って。

 「だんなさん(柴田)と子どもに本当に申し訳ないことをしたと反省しました」

 -柴田さんとは友人だが、どんな気持ちか。

 「何度か飲ませていただいたことがあったので、本当に誠心誠意謝罪をさせていただきました」

 -どんな話を。

 「すいません。先方の事情もあるので、そこのコメントは控えさせていただきます」

 -柴田さんは納得したのか。

 「柴田さんともたくさんお話しをさせていただきまして。最終的には」

 -柴田さんは怒ったり、怒鳴ったりしたか。

 「感情が荒ぶることはありませんでした。すごく冷静にいろんなことをお話しされていました」

 -女性と別れるのか。

 子どものことがあるので、それは今後の話し合いで(養育の関係で)」

 -DNA鑑定すると記事にはあるが。

 「僕は認知させていただいている。そこの記事に関しては分かりません」

 -自分の子どもと信じているのか。

 「そうですね」

 -いつごろ生まれる。

 「今月。これから」

 -立ち会うのか。

 「女性とお話しをして決めていこうと思います」

 -名前は。

 「話し合ってきめていこうと思います」

 -加藤さんの奥さんとはどう話をして、どう納得してもらったのか。

 「本当の意味で納得という意味になっていないと思います。こんな自分のことを、最後は受け入れてくれて、今、すごく支えてくれているんです。一生をかけて、償っていこうと思っています」

 -元マネジャーでもある。ショックも大きいはず。

 「長い時間がかかると思います。だからこそ、一生をかけてという…はい」

 -子どもができたことについて奥様は。

 「いっぱい話し合いをしてきました。細かい話は控えさせていただきますけども、失ってしまった信頼なので、またいちから、築いていけたらいいなと心から思っております」

 -支えてもらっている言葉は。

 「今日も、しっかり謝ってこいと言ってくれました」

 -離婚報道で逃げる人もいる中、きょう出てきた決意は。

 「今までたくさんの方々に支えてもらい、ファンの皆さまもそうですけど、関係者の皆さんにいろいろとアドバイスを受けました。その人たちのために矢面に立つ。それが僕の責任の1つの取り方かなと思いました」

 -魔が差したのか、何か悩みを抱えていたのか。

 「本当に軽率な行動だったと。心から反省しています。(その時は)魅力を感じました」

 -どんなところに魅力を。

 「すいません」

 -柴田さんに対しては。

 「また直接、お話しさせていただこうかなと思います。報道になってしまい、ご迷惑をかけたので、後日、あらためて、お話しさせていただこうと思っています」

 -Aさんと、その子どもとの養育については。

 「そこは妻と別で、女性の方と少しずつ話し合っていこうと思います」

 -ファンへ。

 「本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。直接、ファンの皆さまに向き合って僕の思いを伝えていこうと思っています」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス