文字サイズ

行定監督 故郷熊本で被災「衝撃的」

行定勲監督
1枚拡大

 熊本市出身の映画監督・行定勲氏(47)が17日、TOKYO FM「日本郵政グループPresentsジャパモン」(後1・00)に電話でゲスト出演し、16日未明に故郷・熊本地方を襲った地震の状況を語った。16日の地震発生時は熊本で被災し、現在も市内に滞在している。

 行定氏は15日にラジオの仕事に備え熊本入り。熊本市内のホテルに滞在しているが「結構揺れて、壁にヒビが入っており、部屋ではなくロビーで一晩明かした。地震に慣れていない外国人観光客も動揺している」などと16日未明の地震の様子を語った。同番組は16日に収録された。

 ホテル内はテレビがひっくり返り、水も出ない状況という。「交通手段もなく(他の地域へ)出て行けない。実家が南阿蘇村にあり心配だが、(通行先の)俵山トンネルが崩落で通れず、橋も崩落したと聞いているので行く手段がない。実家の両親によると、リビングのガラスが全部割れたらしい」と不安をあらわにした。

 ホテルからは瓦が落ち、石壁が崩壊するなど大きな被害を受けた熊本城も見えるそうで「痛々しい。衝撃的です。去年の秋に熊本城で映画『うつくしいひと』を撮影したばかり。もうあの姿がなくなってしまったのかと思うとショック」と沈んだ声で語った。

 両親とは連絡が取れたというが「実家も心配だし、しばらくは熊本に滞在して、様子をみたい」と話した。

 熊本城でロケした映画「うつくしいひと」は現在、同作品の公式HP上で22日まで公開されている。

 行定氏は17日、自身のフェイスブックを更新。道路事情が悪い中、実家のある南阿蘇村へたどり着き、両親に再会したことを伝えた。「(両親は)かなり疲労の色が濃く、愛犬たちもかなりぐったりしている。家出していた猫も帰宅したらしい。庭から家の状況を見たが派手にガラス戸が破損してる。気が遠くなるが、両親は腰が痛いところを除いては元気なのが朗報だ」と無事を伝えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス