文字サイズ

石坂浩二BS鑑定団では一転「独演会」

新番組への意気込みを語る石坂浩二=東京都品川区のテレビ東京天王洲スタジオ(撮影・出月俊成)
松丸アナ(左)とともに新番組への意気込みを見せる石坂浩二=東京都品川区のテレビ東京天王洲スタジオ(撮影・出月俊成)
笑顔で新番組への意気込みを語る石坂浩二=東京都品川区のテレビ東京天王洲スタジオ(撮影・出月俊成)
3枚3枚

 俳優の石坂浩二(74)が12日、自身が司会を務めるBSジャパン(テレビ東京系列)の新番組「開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン」(4月7日スタート、毎週木曜後9時)の記者会見に出席した。テレビ東京の長寿番組「開運!なんでも鑑定団」からの“移籍”という形になった石坂は「独演会になるんじゃないですかね」と自分の発言が多くなると予言した。降板した「鑑定団」では、石坂の発言機会が“皆無”状態となっていた。

 会見は第1回の収録後に行われた。「ずっと楽しみにしていて、どういう方でどういうものを集めていらっしゃるか。それぞれが(トークを)広げられる興味があるものだった。(私は)結構乗り気でやったので、少し長めになったかもしれませんが、僕は楽しめました。テレビは楽しくやった方が(いい)。空気感が出るのでテレビっていうのは怖いんですけどね」と振り返った。

 地上波の「鑑定団」には94年4月の放送開始から番組の顔として出演し、美術品、骨とう品などへの知識を発揮していた石坂だったが、近年、放送中の発言が極端に少なくなっていると話題になっていた。テレ東は意図的な編集を否定したが、石坂は今月いっぱいで降板する。

 地上波版への惜別の思いはあるかと問われると、「惜別なんてものはまったくありません」ときっぱり。「今回、こういうことでごちょごちょっとしましてね。ご迷惑をおかけしてじゃなくて、僕が迷惑を受けたんですけど、(こういう番組が)必然的に生まれるもの。鑑定団の兄貴分になると思っているので、惜別は感じていません」と語った。

 BSジャパンによる「-極上!お宝サロン」の資料では「石坂の博識ぶり、そしてウンチクがたっぷり聞ける大人の番組です」と紹介されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス