文字サイズ

スピワゴ小沢 喉頭がんの疑い

 お笑いコンビ、スピードワゴンの小沢一敬(42)が21日、TB系の「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」に出演し、医師から喉頭がんの疑いがあることを指摘された。

 小沢は喉の不調を訴え、「せきはでる」と症状を訴えた。病気については独特の考えを持っていて、「病気のことを気にするから病気がくる。ノンストレスで生きているうちは病気は来ない。やりたいことをやる、食べたいものを食べる。眠たくなったら眠る。ストレスが病気の起爆剤」とストレスフリーな生活こそが病気を遠ざけるとの信条を示した。

 番組ではそんな小沢の私生活の一端に密着。後輩との焼き肉飲み会ではのりしか食べず、タバコは最低でも1日3箱を吸い、家では絶えず喫煙する実態が明らかになった。小沢は「風邪は年の半分以上ひいてる気がする。平熱は35度台」と健康状態は決して良くないことを述べた。

 耳鼻咽喉科の山西敏朗医師が小沢に「何年タバコを吸っていますか」と質問した。小沢に代わって相方の井戸田が「22年吸ってます」と答えた。山西医師は「ブリンクマン指数というのがあります」と述べた。1日の喫煙本数×喫煙年数のことで、600以上だと喉、気管、肺などの病気リスクが高くなるという。

 山西医師は「耳鼻科として気になるのは声がハスキーであること。声帯に何か病気があるのではと危惧する。脅かすわけじゃないですけど、喉頭がんの可能性も」と指摘した。

 小沢は「脅かすなら段階ふんで」とびっくり。医師は「ファイバースコープで鼻から検査することができる」などと受診をすすめた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス