文字サイズ

石坂へのCP暴言 今田「100%嘘」

お笑いタレントの今田耕司
1枚拡大

 お笑いタレント・今田耕司が13日、読売テレビ「特盛!よしもと」に出演し、自身がメーン司会を務めるテレビ東京「開運!なんでも鑑定団」の石坂浩二に対するチーフプロデューサーの暴言確執報道について「100%ウソ。100%間違ってる情報」と完全否定した。また、石坂のコメントがほぼカットされている理由についても、一般人のお宝鑑定中に自由奔放にしゃべってしまい、演出上使いにくいことなどを理由に挙げた。

 1月28日に降板騒動が報じられて以降、今田がこの件について公に発言するのは初めて。一部報道では、石坂降板騒動の発端は、約10年前の酒席で初対面だった制作会社所属のチーフプロデューサーが石坂に絡み、愚弄する発言で激高させたこと、などと伝えられた。

 しかし、今田は騒動報道後、当該プロデューサーと直接話したことを明かし、「そんなことありえないです。言ってないです。僕、制作会社のプロデューサー、あの石坂さんにそんなことしたら、仕事あるわけないじゃないですか」との“証言”を得たことを伝えた。

 これまでは同番組の放送を見たことがなかったという今田。今回の騒動で初めて放送を見返し、石坂のコメントがほとんどカットされていたことに驚いたことを明かしながらも「一般の人が『このお宝は…』って言う前に、石坂さんって(価値が)分かってるんで、先に『これ、ここにつなぎ目あるよ』とか、(鑑定する前に)言っちゃうんです。ぼくが全部『それは言っちゃダメでしょ』とか処理をしてるんですけど。それは放送できないでしょ、演出上」と『ニセモノか本物か』を鑑定する番組にもかかわらず、石坂が先に答えを言ってしまうことから一連の発言をカットせざるをえないのでは、と推察した。

 さらに「石坂さん、めっちゃええ人です。めっちゃ自由な人」と前置きした上で「ただスターなんで、全部自由に(しゃべってしまう)」として、一般の人がお宝を説明中も、石坂が自由奔放に鑑定士の所に行き、「あれはさ~」などと盛り上がってしまうことなど、収録時の石坂の「自由」すぎる言動も影響していることを示唆した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス