文字サイズ

中村梅之助さん、肺炎で死去

亡くなった中村梅之助さん
1枚拡大

 劇団前進座の代表で俳優の中村梅之助(本名・三井鐵男=みつい・てつお)さんが18日午前7時25分、肺炎のため都内の病院で亡くなったことを20日、前進座が発表した。85歳だった。19日に通夜が営まれ、20日には親族と劇団員で密葬が行われた。3月3日には、青山斎場で劇団葬が執り行われる。喪主は長男の中村梅雀。

 TBS系ドラマ「赤かぶ検事」シリーズなどで有名な梅雀は、劇団を通じて父への思いをコメントした。

 「今年の年賀状に、5月の劇団前進座の85周年の舞台に立つ熱い思いを綴っておりましたのに、無念だったと思います」と、父のやり残した思いを残念がった。

 梅之助さんは60代を越えてからは毎年のように入退院を繰り返していたそうで、「身体のどこかを手術しながらも復帰して舞台に立ち、頑張っておりましたが、既に体はボロボロでした」と、その壮絶な晩年の様子を伝えた。

 梅之助さんは1930年、前進座創立メンバーの中村翫右衛門の長男として生まれ、38年に初舞台。翌39年には「勧進帳」の太刀持ちで4代目中村梅之助を名乗った。45年前進座入座。幹事長を経て代表となった。NETテレビ(現テレビ朝日)のドラマ「遠山の金さん捕物帳」の初代金さん役やNHK大河ドラマ「花神」の村田蔵六役などで、お茶の間でも人気者だった。昨年5月の国立劇場公演「文七元結」の家主甚八が最後の舞台となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス