文字サイズ

丸山穂高議員ケンカで手を噛む「猛省」

 昨年末、都内で一般人と口論になり相手の手を噛むなどのトラブルを起こしたおおさか維新の会の丸山穂高衆院議員(31)が6日、公式サイトで猛省し、謝罪した。

 丸山議員は「報道のとおり、昨年末都内路上で一般の方とトラブルになり、党より厳重注意を受けました。お騒がせして本当に申し訳ございません」と謝罪。「どんな状況であろうとも公人、議員として避けなければならない思慮に欠けたものです」と自らの行動を振り返り、「猛省し、今後このようなことのないよう厳しく自重してまいります」と誓った。

 丸山議員は昨年12月30日夜、JR蒲田駅付近で居酒屋を出たところで一般人と口論。相手に殴られたことから丸山議員も相手の手を噛み、警察の事情聴取を受けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス