文字サイズ

有働アナ 背中パックリドレスの“秘密”

 大晦日の「第66回NHK紅白歌合戦」で4年連続で総合司会を務めた有働由美子アナウンサーが4日、「あさイチ」に出演。背中がパックリ開いた大胆ドレスに込めた思いを「ここ(胸元は)V6で、後ろはSexy Zone」と明かした。

 「あさイチ」コンビの井ノ原快彦が白組司会を務めた昨年の紅白。この日は新年最初の「あさイチ」放送となり、番組のエンディングでは視聴者から寄せられたイラストやメッセージが紹介された。

 2人が出演した紅白がらみのメッセージも多く、特に、有働アナの胸元が大きくVの形に、背中が腰のあたりまで生肌を露出した黒いセクシードレスのイラストが目立った。

 有働アナが「有働さん、井ノ原さん、『紅白歌合戦』の司会、お疲れさまでした!」というイラストつきメッセージを紹介すると、井ノ原は「お疲れさまです!」とにっこり。「有働さんのドレスも(イラストで)ちゃんと再現されてますねー」と感心した。

 有働アナは「一応、ここ(胸元)はV6で、後ろはSexy Zone」と茶目っ気たっぷりに、紅白に出場したジャニーズの2組にひっかけたことを説明。井ノ原は「背中パックリですね」と笑顔で応じた。有働アナは紅白本番中にも井ノ原から「よ!背中!」と大胆ドレスをイジられていた。

 また、小学6年生からの「紅白おつかれさまでした」というメッセージには井ノ原が「ありがとうー!うれしいね!」と顔をくしゃくしゃにして感謝した。

 有働アナは紅白本番終了後、報道陣から紅組勝利について話題を振られ、「黒いドレスの下に赤いパンツをはいてたんですよ~」と“勝負下着”をはいていたことを自ら告白するなど、持ち前のサービス精神で最後まで盛り上げていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス