文字サイズ

藤崎奈々子めまいで検査 薬の量に驚く

 タレントの藤崎奈々子(38)が23日、三半規管の障害で激しいめまいを起こしていたことをブログで明かした。病院で検査を受け、大量の薬を処方されたという。

 22日のブログで「朝からめまいが半端ない…立っていたらぶっ倒れるレベルのめまい」と明かしていた藤崎。一夜明けた23日に更新したブログでは「昨日、結局夕方病院に連れて行って貰ってめまいの検査をしました。幸い脳に異常はなく、三半規管がおかしくなってめまいがするみたい。ふらつくのは危ないけど、大した事はなさそうです」と診断結果を報告。

 多数寄せられた心配の声に「ご心配おかけしました、どうもありがとう」と感謝し、大量の薬の写真をアップした上で「とりあえず、薬の量にビビります」とつづった。

 藤崎は今年2月には虫垂炎だと思って入院したところ、子宮内膜症であることが判明。5月にチョコレート嚢胞(のうほう)を切除する手術(腹腔鏡手術)を受けている。

 チョコレート嚢胞とは、子宮内膜症性卵巣嚢胞ともいわれる。子宮内膜症が進むと卵巣内に嚢胞ができ、月経時に出血を繰り返すことにより、内腔に古い血液がたまったものが、チョコレート嚢胞と呼ばれる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス