文字サイズ

杉村太蔵、有給休暇取って出馬していた

元国会議員でタレントの杉村太蔵
1枚拡大

 小泉チルドレンだった元衆院議員のタレント・杉村太蔵(36)が3日、テレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演し、当選した2005年の衆院選には、勤めていた証券会社から有休を取って出馬していたことを明かした。

 杉村は清掃会社の派遣社員を経て外資系証券会社に勤め、衆院選が近づいてきた際に選挙情勢の調査を指示された。

 調査の一環として自民党のホームページを閲覧した際に候補者公募を知り、一次審査の論文を提出した。いろんな人の考えを列記し、最後に「私もそう思う」と付け加えただけの論文だったが評価されて自民党本部に呼ばれ、数度の面接を経て公募候補者として公認された。

 会社に戻って調査の進行具合を尋ねられ、「それどころではなく出馬することになりました」と打ち明けると上司は驚嘆。杉村は「絶対に落選しますから、有給休暇で選挙活動させてください」と、開票翌日には出社することを約束、上司にも認められた。

 ところが、蓋を開けてみると当選。浮かれた揚げ句、初登院の際に「料亭に行きたい」「BMW買いたい」「グリーン車乗り放題」と失言を重ね、マスコミにたたかれた。

 翌日、武部勤幹事長に呼ばれ、部屋を開けた途端「貴様、こらーっ!」と怒声が飛び、杉村は「大人があんなに怒るなんて初めて見ました」と、その迫力を振り返った。

 武部幹事長はその後、杉村に「初料亭」を経験させてくれたという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス