文字サイズ

“ラスボス”小林幸子 豪華衣装復活へ

紅白復帰の喜びを語った小林幸子=東京・蒲田
1枚拡大

 大みそかに放送される「第66回NHK紅白歌合戦」(総合など、後7・15)に、特別企画枠で4年ぶりに出演が決まった歌手の小林幸子(61)が27日、東京・大田区民ホール アプリコでのコンサート前に、デイリースポーツなどの取材に応じ「白をイメージカラーにした大型のもの」と豪華衣装の復活を予告した。

 楽屋口に表れた小林は、出場者発表があった26日にNHKから出演オファーの正式な連絡があったことを認め「本当にうれしいの一言。結婚発表と同じくらいの電話とメールがあった。本当に小林幸子が紅白に出ることを待ち望んでくれていたんだな。紅白ってすごい番組だなと感じた」と声を弾ませた。

 近年はコミックマーケットに参加したことなどから、ネット世代の若者層にも「ラスボス」と呼ばれ人気に。幅広い世代からの支持とこれまで紅白を盛り上げてきた功績が評価され「ザッツ、日本!ザッツ!紅白!」と集大成的なテーマを目指す今回での“再登板”が決まった。

 それだけに、注目の豪華衣装について小林は「今までの演歌のファンと新しい若い子たち、どちらも喜んでもらえる衣装にしたい」と語り「ファンレターがラスボス様で来ちゃうくらいだから、そこも何とか喜んでもらえるように」と、ラスボスキャラも取り入れたデザインとなることも示唆した。

 さらに「色は原点に戻る意味で白かな。大きいのは鉄板なので、小さくはないでしょう」とヒントを楽しそうに明かし「大みそかまで間に合うか心配。チーム幸子が寝ないで頑張ってくれています」と突貫工事での完成をを約束した。

 12年に起きた事務所の独立騒動を発端に、所属レコード会社からも契約解除され、同年から紅白も落選した小林。空白の3年間を振り返り「新しい人たちと巡り会うチャンスをもらい、演歌歌手から歌手になれた。いろんな方と垣根のないコラボして、自分にとっていい財産になった」と瞳を潤ませた。

 前夜は親交のあるシンガー・ソングライターのさだまさしに復帰を真っ先に報告。「さだ兄には、いっぱい支えてもらって『サチ、よかったな。何しろ応援してくれたファンの人への感謝だけを言い続けなさい』と言われた」と口元を引き締め「私は紅白全体を盛り上げるのが役目。明るく楽しくきれいに派手に、をモットーにやっていく。緊張を楽しみたい」と1カ月後のNHKホールのステージに思いをはせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス