文字サイズ

黒木奈々アナ32歳で死去 復帰願い叶わず 

死去した黒木奈々さん
1枚拡大

 昨年9月に胃がんを公表し、闘病中だったフリーアナウンサー・黒木奈々さんが19日午前2時55分、都内の自宅で亡くなった。32歳だった。所属事務所が同日、マスコミ各社にファクスで伝えた。通院しながら週1回出演していたNHK BS1「国際報道2015」を7月13日を最後に休養。1カ月ほど前から入院し、治療を続けていたが、復帰への願い叶わず、帰らぬ人となった。

 関係者によると、最期を看取ったのは両親。入院中も見舞いに行き、最近もメールなどでやりとりを続けていた事務所スタッフによると、「いつか良くなって復帰したいと思っていました。秋にも…10月からは無理かもしれませんが、再度治療を続けながら、復帰を目指していました。もう一度、あの場所に…スタジオに帰りたかったと思います」と無念の思いを代弁した。 がんに冒されてもなお、キャスターという仕事に熱き想いを抱き続けていたという。

 黒木さんは昨年4月から「国際報道2014」で長年の夢だった報道番組のキャスターになった。しかし、同7月末に胃潰瘍の治療を受けた後の検査で、胃がんが見つかり、無念の休業。9月10日にHPで「告知を受けた当初はあまりのショックで言葉も出ませんでしたが、今は、まずは闘い抜くこと、生きることだけを考えて、日々過ごしています」と胃がんを公表。9月下旬に全摘出手術を受けた。その後は入退院を繰り返しながら、基本的には自宅から通院の形で、治療を続けていた。

 今年1月4日放送の同局「国際報道2015」に生出演。4カ月ぶりにテレビ復帰を果たし、3月末からは毎週月曜の限定ではあるが、同番組に復帰し、レギュラー出演していた。しかし体調が再び悪化。7月13日が最後の出演となった。

 鹿児島県出身。上智大学外国語学部フランス語学科卒業後、毎日放送(MBS)に入社。報道局記者を経て07年2月に退社し、フリーに転身した。

 通夜は22日午後6時から、葬儀・告別式は23日午前10時から、ともに東京都港区南青山2丁目33の20、青山葬儀所で営まれる。喪主は父・黒木幹宏氏。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス