文字サイズ

関根勤 映画撮影はイーストウッド流

自身の初監督作品の公開に喜びを語る関根勤=東京・品川プリンスホテル
映画に登場する地底人の顔をかたどったケーキに入刀する(左から)関根勤、村松利史、酒井敏也=東京・品川プリンスホテル
映画の公開記念パーティーに参加した(左から)岩井ジョ二男、飯尾和樹、温水洋一、関根勤、村松利史、酒井敏也=東京・品川プリンスホテル
3枚3枚

 タレントの関根勤(61)が23日、東京・品川で、自身初の映画監督作品「騒音」の公開記念パーティーに出席し、“関根監督流”の映画の撮り方を語った。

 公開中の同作は東京・品川区をモデルとした「S区」を舞台としたアクションコメディー映画。

 会見では「(米映画監督)クリント・イーストウッドを意識してテイク1を重要視しました」と一発OKのシーンが多かったことを語った。さらに「皆さんうまいんですよ。やっぱりプロ」と出演者をたたえた。

 また、同作にはお笑いタレントの明石家さんま(59)やタモリ(69)も出演。関根監督が「(2人とも)直接オファーした」といい、「2人の共演は『大霊界2』(1990年、丹波哲郎脚本)以来。丹波さんとキャスティングが並んだんですよ」と喜んでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス