文字サイズ

柳生博の長男 柳生真吾さん死去

柳生博さん(右)と柳生真吾さん(左。八ヶ岳倶楽部提供)
2枚

 俳優・柳生博(78)の長男で、園芸家の柳生真吾(やぎゅう・しんご)さんが、5月2日午後11時40分、咽頭がんのため甲府市内の病院で死去した。47歳。7日に家族葬を行った。18日午後1~7時に代表を務めた「八ケ岳俱楽部」(山梨県北杜市大泉町西井出8240の2594)でお別れ会が開かれる。

 真吾さんは2000年から8年間、NHKの園芸番組「趣味の園芸」の進行役を務めたことでも知られた。八ケ岳の麓にレストラン併設のアートギャラリー「八ケ岳俱楽部」を開設して園芸家として活動していた。

 関係者によると、30代後半にがんを患い闘病が続いていたが、治療と並行して仕事を継続。昨年から講演活動などは控えていたが、雑誌のコラム執筆などは続けていたという。

 最近は治療に専念していたが、5月2日に容態が悪化。父の博も病院にかけつけ、一度状態が落ち着いたため帰途についたが、その後、真吾さんは再び容態が急変し、帰らぬ人となったという。

 7日に家族葬を営み、この日も博が「八ケ岳俱楽部」を訪れる知人らの応対にあたった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス