文字サイズ

KOBerrieS♪再出発ライブ

新加入してお披露目されたKOBerrieS♪の稲岡志織(左)と南川真穂(右)。中央はキャプテンの間中芽衣=神戸市のチキンジョージ
新加入してお披露目されたKOBerrieS♪の稲岡志織(左)と南川真穂=神戸市のチキンジョージ
新加入してお披露目されたKOBerrieS♪の南川真穂(左)と稲岡志織=神戸市のチキンジョージ
8月をもってKOBerrieS♪を卒業することを発表した副キャプテンの巽万柚菜=神戸市のチキンジョージ
4枚4枚

 神戸発のご当地アイドルグループ・KOBerrieS♪が5日、神戸市のライブハウス「チキンジョージ」で、ワンマンライブ「Voyage2」を開催。2月のオーディションに合格した稲岡志織(16)と南川真穂(17)を加え、7人組としての再出発ライブとなった。

 冒頭の4曲が終了後、稲岡と南川がステージに呼び込まれ、集まった300人のファンにお披露目。1歳になる前から11歳までオーストラリアで過ごした帰国子女の南川は、得意の英語で自己紹介し、会場を沸かせた。またメンバー最年少となる稲岡も、緊張した面持ちで「よろしくお願いします」と初々しくあいさつした。

 パフォーマンス面では、緊張からかポジショニングなどで戸惑う面も見られたが、稲岡がピアノ、南川はボーカルでKiroroの「未来へ」をカバーした際には、伸びやかな歌声と流ちょうなピアノの音色でファンを魅了。南川が「今日は“私たちのための”披露ライブに来て下さってありがとうございます!」と笑いを取るなど、和気あいあいとした雰囲気だった。

 ステージを終えた稲岡は「自己採点は50点ですね…。私、あがり症で、抜けてたところもあったんですけど、先輩やファンの方々に支えてもらいました」と穏やかな表情。南川は「緊張で間違えちゃったりもして…。でも、もっとできると思うんで、大きな経験になりました」と話した。

 キャプテンの間中芽衣(20)は「不安しかなかったけど、きっ達成感がすごくて…」と会心の笑み。2人の新人には、「最初にこれだけの舞台を経験できたのは幸せなことだし、緊張したと思うけど、今後はもっとグイグイ来てほしい」とアドバイスを送っていた。

 また、副キャプテンの巽万柚菜(20)が、8月でグループから卒業し、後任の副キャプテンは伊藤優里(20)が務めることも発表。巽は「まだ先なんで実感はないんですけど、卒業までの残りの時間を全力で頑張って、やり切って卒業したいです」とサバサバした表情で話した。伊藤は「責任のある立場なので、1人1人の力を付けていきつつ、団結力のあるグループを目指したいです」と意気込みを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス