文字サイズ

相葉雅紀 寺尾聰の贈り物に感激

 嵐の相葉雅紀(32)が7日、都内で、“月9”初出演初主演するフジテレビ系ドラマ「ようこそ、わが家へ」(13日スタート、月曜、後9・00)の制作発表に出席し、初共演で親子役を演じる俳優・寺尾聰(67)からギターをプレゼントされたことを明かした。

 ヒット曲「ルビーの指環」など歌手としても活躍する寺尾が「役者さんは音がでるものができるといい」と共演者にギターにコードがわかる本を付けてプレゼント。大先輩の気遣いに相葉は「寺尾さんにギターをいただいた。(コードの)押さえ方も教えてもらった。すごいことですよね。今度サインしてもらっていいですか?」と大喜びだった。

 ほかにも、寺尾からはグループ・サウンズ時代の苦労や故・黒澤明監督作品の撮影現場の様子など体験談を撮影の合間に聞かせてもらっている。感銘を受けた言葉に相葉は「印象的なのは『男は35歳からスタート』だと。今は準備。気持ちがすっと楽になった」と感謝。今作で“寺尾イズム”を多く吸収、相葉がより大きく成長しようとしている。

 ドラマは「半沢直樹」シリーズなどの人気作家・池井戸潤氏(51)の同名小説が原作。平凡な4人家族が「ストーカーの恐怖」や「会社の不正」と戦う姿を描く。相葉が長男・倉田健太を演じ、7年ぶりの月9となる寺尾聰(67)が父親役、有村架純(22)が妹、月9初出演でフジの連ドラレギュラー出演25年ぶりの南果歩(51)が母親を演じる。女優・沢尻エリカ(28)は、健太とストーカーを追う出版社記者・神取明日香を演じる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス