文字サイズ

福山ANN重大発表はなし

 ファンに手を振る福山雅治=東京・有楽町のニッポン放送前
3枚

 空白期間を含み約23年間にわたってオールナイトニッポンの名を冠して放送されてきたラジオ番組「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ」(ニッポン放送系)が28日、最終回を迎えた。

 午後11時30分に番組はスタートした。東京・有楽町のニッポン放送には約3000人のファンが駆けつけ、局に入る際に福山が手を振って応じた。「ましゃ 長い間お疲れさま」などのメッセージボードも掲げられ、黄色い悲鳴が飛び交う中、福山は何度も手を振り頭を下げた。

 同局の入り口には異例のレッドカーペットが敷かれ、福山は「本当にありがたいです。来週にならないと実感はわかないと思う。サイクルになっていたので」と心境を明かした。

 最終回に合わせた重大発表があるのでは、という声もあった。「借金があります」とジョークを飛ばした福山だったが、大きな発表はなかった。

 リクエストを受けてギターの弾き語りで生歌を披露する「魂リク」もスペシャル版で敢行。通常1曲のところを2曲演奏し、自身の「何度でも花が咲くように私を生きよう」と「Good night」でリスナーを魅了した。最後は「またお会いできる日まで。バイバイク(番組で恒例のあいさつ)」で締めた。

 次週4月4日からは関ジャニ∞の大倉忠義とシンガー・ソングライターの高橋優による「オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん」がスタートする。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス