文字サイズ

青木裕子「使い捨て」と苦悩 TBS時代

TBS時代の苦悩を語った青木裕子アナ
1枚拡大

 元TBSアナウンサーの青木裕子(32)が22日に放送されたフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜、前7・00)に出演。局アナ時代は「使い捨てみたい」と感じ、退社を決意したことなど、当時の心境を明かした。

 青木は05年にTBSに入社し、12年末に同局を退社。翌年3月にナインティナインの矢部浩之と結婚し、14年3月に第1子となる男児を出産した。

 「会社を辞めてラクになりました」と言う青木は、TBS時代を振り返り「孤独をずっと感じていた」と明かした。

 レギュラー出演する「サンデー・ジャポン」では、恋人など私生活をたびたびいじられていた。「自分の中ではタレントさんとかではなく、制作側の人間だとずっと思ってて。でも、“演者”のように見えるらしく。特に担当していた番組がバラエティーで、ぽんぽんとその時の流行り物みたいに(扱われて)。その番組は私を育てようとしてくれているのではなくて、悪い言葉で言っちゃうと、“使い捨て”みたいな」と苦悩し続けていたことを告白した。

 アナウンサーとしての意識と、番組から求められているキャラクターとのジレンマ。「その番組で私を面白くすることではあるので尽力します…でも“アナウンサー・青木裕子”としてはどこに向かっているんだろうなぁ、と。そのことを理解してくれる人が周りに誰もいなかった」と孤独を感じていたことを打ち明けた。

 局アナとしての8年半。「やっぱり(女子アナには)向いてないな」と感じ、「違う仕事に転職しよう」と退社を決意。父親が亡くなったこともあり激やせし、周囲に心配されたこともあったという。

 退社については当時交際していた矢部に相談したところ、「ええんちゃう」と理解を示してくれた。会社に退社の決意を告げた後にプロポーズされたといい、「寿退社じゃないんです」と強調していた。

 この日は同局の先輩アナである吉川美代子(60)、渡辺真理(47)とともにトークを繰り広げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス